講師紹介

川畑 香織

6歳よりバレエを始める

1973年   学校法人 橘バレエ学校入学
1974年   チャイコフスキー記念東京バレエ団付属研究所に移籍
1977年   チャイコフスキー記念東京バレエ団入団
文化庁移動芸術祭公演・民音こども劇場で全国をまわる
1982年 7月 恵比寿にスタジオを開設
「第3回世界バレエフェスティバル」に出演
  10月 東京バレエ団海外公演に参加し、フランス・イタリアで公演する。
1983年 1月 東京バレエ協議会公演に出演
  9月 文化庁移動芸術公演に出演
  10月 モーリスベジャールを招いての公演に出演
1985年   東京バレエ団退団
  8月 ニューヨークブロードウェイでレッスンを受ける
  12月 ロンドンで研修
東京バレエ団在籍中、ボリショイバレエのメッセレル、レペシンスカヤなどの数多くの世界的な教師のレッスンを受ける。
1989年 3月 四街道市に新スタジオを開設
1998年   八街市にスタジオムーヴ開設
2000年 11月 四街道市大日に新スタジオ開設
2001年 12月 ヤン・ヌイッツ指導者セミナー受講
2007年 1月 第10回NBA全国バレエコンクール「特別指導者賞」受賞
2008年 1月 第11回NBA全国バレエコンクール「特別指導者賞」受賞
  4月 第65回全国舞踏コンクール「優秀指導者賞」受賞
2010年 7月 スタジオブラン内に、千葉駅前スタジオ開設
2012年 3月 第2回鎌倉全国バレエスコンクール「指導者賞」受賞
  4月 第3回クリエ全国バレエコンクール「指導者賞」受賞
  7月 第6回バレコン東京「優秀指導者賞」受賞
2013年 12月 第6回バレコン札幌「優秀指導者賞」受賞

川畑香織先生インタビュー

これからバレエをするかどうか迷っている人に対してのアドバイスは?

美しい音楽、衣装、装置とともに繰り広げられる夢のような世界であるバレエは、人間として必要な感受性を育み、人生を豊かなものにします。
もしバレエを習っていたら、より一層理解が深まり、感動も大きくなります。
レッスンでは、全身を満遍無く動かしますので、バランスのいい美しい筋肉がつきます。
姿勢が良くなり、自然とエレガントな身のこなしが出来るようになります。
お子様はマナーや協調性も同時に学ぶことが出来ます。
ぜひ勇気を持ってバレエスタジオの扉を開けてください。

KAORIバレエならではの強みは何ですか?

基礎教育と踊りのセンスの良さです。
もう一つ言えるのは、趣味で楽しくバレエをやりたい方も将来プロダンサーを目指す方も、分け隔てなく心をこめて指導を行っているところです。

今後「KAORIバレエ」としての抱負は?

全幕物の有名バレエを子供向けにオリジナルで振り付けし、小学生や中学生、一般の方々を招待して公演することが定期的に行えたらと思っています。
今後も情熱を持って、バレエの楽しさを一人でも多くの方に知って頂けるよう、充実した活動をして行きたいと思っています。

日頃指導するにあたって気をつけている点は何ですか?

まず「バレエが大好き!」になってもらえる事を第一にしています。
『好きこそ物の上手なれ』という諺もありますしね。
バレエの入り口で「大好き!」になって頂いたとしてもすぐに上手に動けるようにならないのが、バレエの難しさであり、やりがいでもあります。
教師は上手になってもらいたくて、いろいろ直すのですが、生徒のほうは悪いところを注意されてばかりいたら、嫌になってしますます。
ですので、「誉める事」がとても大切と考えています。 誉めてもらったら「もっと上手になりたい!」と思うものです。
生徒一人一人の小さな進歩でも見逃さずに気付いて、大きく誉めてあげて育てて行こうと思っています。

髙橋 梨絵

1992年より川畑香織に師事。第8回発表会で「コッペリア」第1幕のスワニルダ、第9回発表会では「眠れる森の美女」2・3幕オーロラ姫を踊る。
「第9回まちだ全国バレエコンクール」審査委員長特別賞。
「1回つくば国際バレエコンクール」第2位。
「第8回バレエコンクールin横浜」第2位。
「第43・44回埼玉県全国舞踊コンクール」奨励賞。
「第2回クリエ全国バレエコンクール」第3位。
「第3回クリエ全国バレエコンクール」第1位。
発表会では常に重要な役を踊る現役ダンサーでありながら教師としての素晴らしい才能を発揮。一人一人に目のゆきとどいた細かい指導には定評があります。
自分に厳しく、日々の努力を怠らない梨絵先生の踊りには、繊細な美しさと強さがあります。

齋藤 あいね

1991年より川畑香織に師事。
第9回発表会では「眠れる森の美女」第1幕のオーロラ姫を踊る。
第34回と第35回「埼玉県全国舞踊コンクール」で埼玉県舞踊協会賞を受賞。
2005年3月ヤン・ヌイッツ指導者セミナー受講。
2009年4月ロシア国立ペルミバレエ学校日本校入学。
2011年3月に同校を卒業し、バレエ教授法課程修了証明書を取得。
小さい時から発表会で抜きん出たテクニックを披露してきたあいね先生。
その舞台姿には持って生まれた「華」があります。
やさしく、心のこもった指導で皆に親われるお姉さんのような先生です。

浮島 優

2001年より川畑香織に師事。
第8回、第9回「オールジャパンバレエコンクール」入賞。
第12回「NBA全国バレエコンクール」入選。
2008年8月モナコのプリンセスグレースクラシックダンスアカデミー短期留学。
第12回発表会で「コッペリア」第3幕スワルニダを踊る。
「第9回バレエコンクールin横浜」第3位。
「第44回埼玉県全国舞踊コンクール」1部第3位の2。
2013年4月「第70回全国舞踊コンクール」グランパドドゥ部門入賞の1。
谷桃子バレエ団入団。
学生時代から、コツコツと努力を積み重ねてテクニックを磨いて来た優先生。
芯の強さを感じさせるダイナミックな踊りです。やさしく、丁寧に教えてくれる先生です。

銀山 優花

1999年より川畑香織に師事。
2004年チャイコフスキー記念東京バレエ学校合格。
2005年「第38回埼玉県全国舞踊コンクール」埼玉県舞踊協会賞。
2007年チャイコフスキー記念東京バレエ学校のSクラス(選抜クラス)合格。
第11回発表会で「くるみ割り人形」の金平糖の精を踊る。
2008年チャイコフスキー記念東京バレエ団入団。
英国ロイヤルバレエ団日本公演に出演。
第12回発表会で「海賊」のメドーラを踊る。
小学生の時から、バレリーナの雰囲気を漂わせていた優花先生。
プロフェッショナルになる事の厳しさを若くして理解し、努力を怠りません。教えるときもバレエに懸ける情熱を感じさせてくれる先生です。

日下部 科子

2003年より川畑香織に師事。
第7回オールジャパンバレエユニオンコンクール入賞。
2005年「第38回埼玉県全国舞踊コンクール」埼玉県舞踊協会賞。
2009年NYに短期ダンス留学。
第12回発表会で「海賊」のギュルナールを踊る。
いつもニコニコ笑顔の科子先生。心の中からわき上がるような明るく、優しい踊りは科子先生の性格そのままです。生徒のみんなに親われている科子先生です。

桑名 帆乃美

1989年より、川畑香織に師事。
高校卒業後、NYに渡米し、ジョフリーバレエスクールに入学。
2011年、ジャイロキネシス認定トレーナーの資格取得。
2012年、アーティストビザを取得し、NYでプロダンサーとして活動を始める。
2013年、NY市教育局より講師登録し、子供のためのダンスカンパニー、Phyllis Rose Dance Companyに所属、NY州各地の学校で活動する。
同年、シルクドソレイユのオーディションに合格、登録ダンサーになる。
シルクドソレイユがスポンサーの5678showtimeにて、審査員、講師を務める。
2014年、アポロシアターにゲスト出演する。
同年、ストリートダンスの大会、House Dance InternationalでHouseGroup部門優勝、Experimental部門ファイナリスト。
2歳半でバレエを始めたほのみ先生。18歳でNYに留学して、数々のジャンルのダンスを学び才能を発揮!小さい子供が大好き!!な明るい先生です。

名和 恵子(ジャズダンスクラス)

千葉敬愛短期大学初等教育科卒業。
教職、新体操を学ぶ。
卒業後、ジャズダンスを学ぶ。
1989年より新体操教室HAPPY PHYSICAL EXERCISE を主宰。
1988年よりクラシックバレエを川畑香織に師事。
KAORIバレエズタジオではジャズクラスの講師をつとめる。
バレエダンサーに必要なコンテンポラリーを指導して下さる名和先生。
いろんなジャンルの踊りをマスターした上での指導には説得力があります。生徒達の心のケアもして下さる人望の厚い先生です。

PCサイトへ